池袋を中心に評判のいい病院・クリニックを紹介しています。性病(STD)の正しい知識を身に着けて適切な処置を行いましょう

池袋GOHクリニックの画像

おすすめポイント患者のニーズを多く取り入れたクリニック

池袋GOHクリニックは、JR池袋駅東口から徒歩2、3分の距離にある性感染症内科・性感染症外科・泌尿器科・形成外科をメインに診療しているクリニックです。

「性感染症と皮膚科、それぞれの診療や治療に繋がりがある。それを叶えるため1人の医師が専門性と経験を持つこと。」「患者が希望している土日祝日の診療や夜間診療といった、地域住民のニーズに応えること」といったような診療方針で開業されました。

住所 〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-19-3 嘉泉ビル4F
最寄り駅 池袋駅 徒歩2分
診療時間 【水・木・金】12:00~15:00/16:00~21:00
【土・日・祝】12:00~15:00/16:00~19:00
【月・火】休診日
TEL 03-5944-8411
STD(性感染症) 初診料(検査のみの場合は無料) 3,300円
再診料(検査のみの場合は無料) 1,100円
淋病(PCR法)(尿・咽頭・膣) 各3,500円
クラミジア(PCR法)(尿・咽頭・膣) 各3,500円
クラミジア抗体検査(IgA抗体・IgG抗体) 各3,500円
トリコモナス(PCR法)(尿・膣) 各8,000円
カンジダ(包皮・膣) 各3,000円
梅毒(定性) 2,000円
梅毒(定量) 3,000円
B型肝炎 2,000円
C型肝炎 2,000円
HIV 2,500円
HIV即日 4,000円
ヘルペス(1型・2型・IgA・IgG) 各3,000円
細菌検査(尿・咽頭・膣) 各5,000円
病理検査 10,000円

池袋GOHクリニックを利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

検査を受けやすいクリニック

駅からの近さ、営業時間の長さ、患者さんへの対応、総合的に良いクリニックだと素直に思います。今後もお世話になろうと思います。

引用元:https://www.google.com/

→池袋GOHクリニックは、JR池袋駅東口から歩いて2~3分のところに位置している好立地です。月曜日と火曜日は定休日ですが、平日は21:00まで、土日祝日は19:00まで診療を受け付けているので、仕事帰りに診療を受けることもできます。

この好立地と診療時間の長さは、どなたでも検査を受けやすいポイントと言えますよね。それに加えて、患者さんへの対応も丁寧なので、投稿者さんが言うように総合的にいいクリニックだと言えるでしょう。

保険内治療と保険外治療の両方を行う

昔からお世話になっております。
保険内治療と保険外治療の両方を行っているクリニックですので、テレビCMを流している自由診療がメインのクリニックに比べたら、至れり尽くせりという訳にはいきませんが、先生や看護師さん、スタッフさんに特に問題も無く親切にしていただいております。
保険適用でここまで診察してくれるクリニックはそう無いと思います。

引用元:https://www.google.com

→池袋GOHクリニックでは、保険内治療と保険外治療の両方を行っており、医師や看護師、受付スタッフが親切に対応してくれます。保険適用でここまで診察してくれるクリニックはそうないと患者さんが思うくらいのクリニックなので、安心して検査を受けることができるでしょう。

もし、性病検査でどこのクリニックに行こうか迷っている方は、ぜひ池袋GOHクリニックも選択肢にいれてみてくださいね。

親切丁寧に相談に応じてくれる

ずっと悩んではいたんですが、どこで誰に相談したらいいかもわからなかったんですよね。最初の電話口から、そんな自分の悩みを親切丁寧に相談に応じてくださって、本当に有難かったです。アフターケアもしっかりしているそうなので、安心感がありますね。

引用元:https://www.google.com/

→性病はいろんな人に言える問題ではなく、投稿者さんのように誰に相談すればいいのか分からないという方も多いですよね。そのような方は、ぜひ池袋GOHクリニックに一度電話で相談してみてください。

電話口で、どんな悩みもしっかり受け止めて親切に丁寧に相談にのってくれます。検査を受けた後のアフターケアもしっかりしているので、最初から最後まで安心して任せることができるでしょう。性病に悩んでいる方におすすめです。

それぞれの患者さんに寄り添った対応

EDで、夫婦生活の夜の営みにも溝ができていてとても悩んでいました。。。治療薬はケミカルな物しかないのかなと思っていたのですが、漢方もあることを説明してくださり、基礎疾患を持っている自分でも服用できて改善されてきています。男性としての自信も取り戻せて来ていて、本当に嬉しいです。これからもよろしくお願いいたします。

引用元:https://www.google.com/

→性病の治療をするために、薬を提供するだけではなく漢方も教えてくれるのが池袋GOHクリニックです。漢方なら、基礎疾患がある方でも何の問題もなく服用できるので、性病の治療をすることができますよ。

このように、どのような患者さんに対しても寄り添って診察をしてくれるので、どのような相談に対しても応じてくれることは間違いないでしょう。ほかのクリニックで解決できなかったことも、もしかしたら解決できるかもしれませんね。

見当違いの処方をされることも

症状を詳細に伝えても見当違いの薬を処方
頼んでもないのに勝手に検査し検査料をとられる。
そして後日伺うも原因はわかりませんでしたと。
少なくとも自分は二度と通うことはないです。
星5レビュー全てが業者とは言えませんが、イイネの数が星1レビューの方が圧倒的に多いのが現実です。

引用元:https://www.google.com/

→池袋GOHクリニックの多くの口コミの中には、この口コミのように悪い口コミも見受けられました。投稿者さんの場合は、症状を詳細に伝えたにも関わらず、見当違いの薬を処方され、また頼んでもない検査を受けて検査料も払うことになったようです。

その検査結果を聞きに、後日再び伺うと原因は分からなかったと告げられたとのこと。いい口コミが多かっただけに、この口コミには非常に驚きました。

医師によって対応が異なるのかもしれませんね。

淋病/クラジミアの症状や検査方法

池袋GOHクリニックの画像2
池袋GOHクリニックでは、様々な性病(STD)に対する検査や治療を行っています。ちなみに初診料は3,300円、再診料は1,100円です。(検査のみの場合は無料)

淋病(尿・咽頭・膣)各3,500円

【症状】男性の場合、尿道内で淋菌が増殖し尿道炎の症状が引き起こされます。基本的に感染から1日~10日後に排尿痛や、尿道口から黄色の膿が出るなどの症状が現れます。
女性の場合は、淋菌が膣内から子宮の中に入り子宮頚管炎になります。帯下の増加や悪臭など症状が出ますが、軽いことが多いため気付かないこともあるようです。

【検査方法】主に淋菌PCR法などで行われます。口腔内の淋菌検査に関しては患部を見て、症状が出ている範囲をスワブという布で拭いSDA法で行う方法と、うがいした液をPCR法で検査する2通りの方法があります。

【注意点】抗菌薬だけで必ず完治するとは限らないため、何日か通院して点滴を受けなければいけない場合もあるようです。また、淋菌に感染した人の10~20%はクラミジアにもかかっている可能性があるので、併せて検査をしたほうが良いそうです。

クラミジア(尿・咽頭・膣)各3,500円

【症状】男性の場合、尿道内で増殖し、尿道炎の症状が引き起こされます。症状としては、感染から約3日後~21日後に尿道のかゆみや違和感などの自覚症状が出ます。(無症状の場合あり)
一方女性の場合は、およそ90%の人が無症状と言われています。ですが、放置した場合は子宮頚管炎や卵管周囲炎などによる腹痛になることもあります。また、症状は軽いものの合併症や後遺症が大きいので注意しなくてはなりません。

【検査方法】クラミジアの有無というのは顕微鏡では確認できません。なので男性の場合はクラミジアPCR法で検出を行い、女性の場合は子宮頚管から分泌物を採取して、同じくクラミジアPCR法で検出を行い診断します。

【注意点】男女ともに無症状の人が多く、クラミジア感染症は近年増加しています。また、目に入ってしまった場合、眼球結膜炎を起こします。

梅毒/性器ヘルペスの症状や検査方法

池袋GOHクリニックの画像3

梅毒(定性)2,000円(定量)3,000円

【症状】基本的に、感染後約3週間で発症します。梅毒は治療を受けない限り体内に残り続け、第1期から第4期まで進行すると最終的には死に至る可能性があります。ですが、現在においては抗生物質の発達により第3期までいくことは極稀とのことです。

感染後3週間~3ヶ月の状態が第1期と呼ばれ、主に性器の部位に硬結が生じます。次に感染後3ヶ月~3年の状態を第2期と呼び、全身のリンパ節が腫れる、発熱、倦怠感、関節痛などの症状が出る可能性があります。また、バラ疹と呼ばれる全身性の発疹が出ることもあります。そして、感染後3年~10年の状態を第3期と呼び、ゴムのような腫瘍が発生し治療が不可能となります。

【検査方法】男女ともに、性器に硬結や潰瘍がある場合は梅毒の疑いがあるので、血液検査を行います。ガラス板法、TPHA法、RPR法全てに陽性反応が出ると梅毒に診断されます。

【治療方法】抗生剤を3週間~4週間程度服用し、その後の血液検査で数値が落ち着いたという判断が出れば完治となります。

性器ヘルペス(1型・2型)各3,000円

※1型ヘルペスは主に口唇や顔面に発症するもの、2型ヘルペスは主に外性器に発症するものです。
【症状】性器や肛門周辺に痒みや不快感が生じて、赤く小さな水ぶくれが発生します。初めは皮膚がピリピリする小さな水泡ですが、その後皮膚に小さな潰瘍ができます。

【検査方法】肉眼でもある程度の診断は可能ですが、最終的には血液検査によってウイルス抗体の検出を行い1型か2型なのかを診断します。再発型に関しては、薬疹や梅毒、カンジダなどとの鑑別をしていきます。

【注意点】ヘルペスの症状が出ている際の皮膚は、ウイルス量が多く強い感染源となっているので注意が必要でしょう。特に水疱には必要以上に触らないように気を付けてください。また、薬を塗るなど患部を触った後は必ず手を洗うようにしましょう。

池袋東口クリニックの画像1

池袋GOHクリニック

(簡易説明)

公式サイトで詳細を見る

カンジダ/トリコモナス感染症の症状や検査方法

池袋GOHクリニックの画像4

カンジダ(包皮・膣)各3,000円

【症状】男性の場合は自覚症状が無いことが多く、自然治癒することも多くあるようです。症状が出る場合には、亀頭や包皮に痒みや違和感があったり、排尿痛が起こることもあります。また、包茎が原因の可能性が高いため度々感染するような人は包茎手術を考えたほうが良いかもしれません
女性の場合は、おりものがヨーグルト上に変化したり膣内や外陰部が痒くなったりします。また、外陰や膣が熱くなったり痛みや排尿障害が起こることもあります。

【検査方法】男性の場合は亀頭から出ている排膿を、女性の場合はおりものを、それぞれ綿棒で採取して培養検査を行います。

【治療方法】基本的には軟膏での治療になりますが、二次感染を起こしている場合には内服薬を併せて投与します。

トリコモナス感染症(尿・膣)各3,000円

【症状】男性の場合、約95%の人が無自覚らしいです。女性の場合も40%は無自覚と言われていますが、症状としてはおりものの臭いが強くなったり外陰部や膣に痒みが生じたりします。

【検査方法】男性の場合は尿や前立腺液中などのトリコモナスを、女性の場合は膣分泌物を顕微鏡で確認することで発見します。

【注意点】トリコモナスは、便器や浴槽、タオルなどでも感染する可能性があります。

まずは「来院して相談して」みよう!

池袋GOHクリニックは、予約制ではないので直接来院してみてください。基本的に来院した順で診察を行っていますが、よほど混んでなければ1時間以内には診てもらえるそうです。

また、冒頭で少し触れましたがこのクリニックは土日祝日休まず診療を行っています。代わりに月曜日、火曜日が休みな点は注意してくださいね。

最後に、処方される薬についてですが、池袋GOHクリニックでは半分以上の処方薬がジェネリック医薬品になるので安くなる可能性がありますよ。

サイト内検索
記事一覧

【池袋】性病(STD)検査クリニック一覧

イメージ
会社名池袋サテライトクリニック山の手クリニック池袋院池袋GOHクリニック池袋セントラルクリニック池袋駅前ライフクリニック
おすすめポイント安心して検査できる環境づくりを目指すクリニック患者ファーストなクリニック!患者のニーズを多く取り入れたクリニック美容関係で多くの実績を持つクリニック安心して検査できる環境づくりを目指すクリニック
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら