池袋を中心に評判のいい病院・クリニックを紹介しています。性病(STD)の正しい知識を身に着けて適切な処置を行いましょう

阿蘇医院の口コミや評判

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/22

【詳細】
クリニック名:阿蘇医院
住所:東京都新宿区四谷三栄町1-5
TEL:03-3351-3224
受付時間:10:00~12:30/14:00~18:30
休診日:木曜・土曜午後・日曜・祝日

阿蘇医院は内科・消化器科・肛門内科・性感染症内科などを専門として診察を行っています。患者一人一人との対話を何よりも大切にしている医院で、いち早い治癒を可能にするために、治療法に対しての不安・不満・疑問に応えてくれます。院内は清潔で明るい雰囲気のある空間で、最新医療機器などがしっかりと完備されています。

内科で診察可能な疾患と各種予防接種について

内科ではおもに風邪・インフルエンザ・貧血・高血圧・高脂血症、糖尿・痛風・胃腸疾患・胆石など、さらには花粉症などのアレルギー疾患を診療してくれます。また必要に応じて点滴室の設備も用意されているので、点滴を受けることも可能です。

インフルエンザの予防接種を受けたい場合は、診察の希望を伝えた上で注射を打つことが可能となります。予約不要なので、来院した当日に予防注射を受けられるのが大きな魅力です。気になる費用は大人一人が3,500円となっています。注射の開始時期は2019年10月上旬から予定しているので、受けたい方は早めにスケジュールを組んで希望日を空けておくといいでしょう。

その他各種予防接種の受付も行っています。阿蘇医院は、新宿区高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種受託医療機関となっています。高齢者用肺炎球菌予防接種とは、肺炎球菌によって引き起こされる感染症を予防して重症化を防ぐためのワクチンのことです。対象となる患者は、過去に肺炎球菌ワクチンの接種をしたことがない方のみとなっているため注意が必要です。

肺炎球菌ワクチン予防接種の費用は、公費助成ありの場合は4,000円、自費での接種の場合は8,000円となります。ただし、生活保護受給世帯の方は区が発行している予診票を持参すると無料になります。該当する方は来院する際には忘れずに持参するようにしましょう。

様々な性病と無料で受けられる性病検査

性感染症内科では、様々な性病についての診療を行っています。性病では一番多いクラミジア・ヘルペス・淋病・コンジローム・梅毒・エイズ・トリコモーナスカンジタの検査など、また気になる方への性病検査や治療を丁寧に診察してくれます。

クラミジアとは病原体による感染症の一種で、性行為によって女性の子宮頚管や男性の尿道、または咽頭粘膜(喉の粘膜)などに感染していきます。クラミジアは女性の性感染症の中では最も多い病気とされていて、特に若い世代の女性に多く感染していると問題になっている病気です。

クラミジアや淋菌性尿道炎の検査には、処方と点滴(保険適応の場合)の値段が含まれ、おおよその値段は約4,000円となります。その他自費でのブライダルチェックには10,000~15,000円、梅毒の検査には1,000円がかかります。

また、日本ではHIVの感染者が年々増加していると言われていて、池袋保健所では早期発見・早期治療を行う為に、HIVの性病検査や相談などを匿名・無料で行っています。希望によっては他の性病検査も実施してくれるので気になる方は活用してみましょう。

東京メトロ有楽町線から東池袋駅6番出口にて徒歩5分の場所、あるいはJR池袋駅東口から徒歩15分の場所にあります。通常の性病検査の場合、受付場所は池袋保健所の1階で、午後1時30分から2時30分までの受付時間以内に申し込みましょう。結果が出るのは1週間後となるため、検査日に渡された検査申込書の控えを持参するようにします。

衛生面に気を付けた内視鏡検査ができる

内視鏡検査では経鼻内視鏡を行っています。先端に高性能カメラが付いた5mm程度のチューブを鼻から挿入し食道・胃・十二指腸を観察する検査のことです。口から挿入して行う内視鏡に比べて、嘔吐感が少なく体に負担が少ないのが特徴です。体に直接挿入する検査なので、院内感染防止対策を徹底しているのが安心できます。

阿蘇医院では、全ての検査に使用する内視鏡をよく消毒して使用してくれています。そのため院内感染を防いでくれて、病気をさらに悪化させる心配がないので助かります。消毒する際には、内視鏡の洗浄消毒法に対するガイドラインに従って、世界水準の内視鏡洗浄消毒器を使用している徹底ぶりが魅力です。強酸性・強アルカリ性電解水生成装置を内蔵していて、自動ブラッシングシステムを搭載した最新の内視鏡洗浄消毒装置として高い性能を誇っています。

胃内視鏡(胃カメラ)の検査費用は、初診料と前処置薬剤・採血で4,000円、胃内視鏡(検査のみ)が約4,000円、病理細胞検査(追加費用)が3,000円〜6,000円となり、合計すると6,000円〜13,000円となります。もしも検査後に薬が処方された場合は、合計額の他に別途約15,000円程度必要になります。1割負担の方は上記の3分の1程度と考えてよいでしょう。検査方法は全て、細径スコープでの経鼻内視鏡になります。

 

阿蘇医院の初診受付時間は午前12時~午後18時までとなっているので、混み合うことも考えて早めに来院するようにしましょう。性病検査などはデリケートな問題なので、病院で診察するとこを躊躇ってしまう方も多いと思います。最初は不安でも、一度来院すれば丁寧に診察を行ってくれるので、安心して受診してみることをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧