池袋を中心に評判のいい病院・クリニックを紹介しています。性病(STD)の正しい知識を身に着けて適切な処置を行いましょう

性病(STD)検査はどこで受診できるの?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2020/01/14

もしかしたら性病に感染しているかもしれないというときは、早めに検査をするようにしましょう。放置しておくと悪化してしまうだけでなく、感染範囲を拡大してしまうことにもつながるので、十分注意が必要です。では、実際に性病かもしれないと思った場合、どこで受診できるのでしょうか。

保健所を利用すれば検査してもらうことができる

性病検査はいろいろなところでおこなわれていますが、その一つとして保健所を利用すればいろいろと調べてもらうことができます。したがって、もし自分が性病ではないかと心配になった場合に保健所を利用したいというときは、あらかじめ電話で問い合わせておくようにしましょう。

また検査にはまだ踏み切ることができなくても、少し気になる点があるので相談したいというときにも保健所であれば相談に乗ってくれます。ただ、全国各地に保健所がありますが、それぞれの場所で同じ検査を受けることができるかと言ったら実はそうではないので気をつけましょう。

基本的にエイズ検査は受けることができ、さらに匿名で、そして無料で調べてもらうことができるようにあっています。しかし性病・性感染症と呼ばれる症状はエイズだけでなく、クラミジアや淋病、梅毒などもあり、その症状はさまざまです。

またエイズ以外の検査は全ての保健所でおこなわれているわけではないので、あらかじめ検査してもらえるかどうかを確認しておきましょう。保健所によってもルールが違っており、検査する日時とか、検査方法も違っているので、その点もよく理解しておくと良いでしょう。

つまり、以前どこか別の場所に住んでいるときにその場所の保健所で検査してもらった経験がある人も、別の場所の管轄の保健所を利用する場合は、その検査内容は変わる可能性があるということです。

病院を利用すれば検査してもらうことができる

気になる症状がある場合は、保健所だけでなく病院やクリニックなどを利用しても性病検査をおこなってもらうことは十分可能となっています。ただ、全ての病院・クリニックでおこなっているわけではないので、その点はよく理解しておくようにしましょう。

基本的に女性の場合は婦人科やウィメンズクリニックと呼ばれるところであれば、いろいろな内容を調べてもらうことができるようになっています。男性の場合は泌尿器科や皮膚科などを利用すると調べてもらうことが可能ですが、これらの病院は女性も受診は可能です。

また、病院によっては性病科がすでに用意されている場合もありますが、もちろんそこでも性病検査をおこなってもらうことはできるようになっています。ただ、なかなか馴染みがない病院なので、実際に検査しているかどうかは知らないということも少なくないのではないでしょうか。

結構デリケートな話なので、周りの人に性病の検査をしてもらいたいのだけどどの病院がいいかなんて聞くのも難しいでしょう。このような場合は、インターネットを利用すれば簡単に検索することができるようになっているので、あらかじめ検査しているかどうかを調べておくと良いでしょう。

どうしても受診が恥ずかしくて無理だというとき

現在、日本では保健所や病院、クリニックなどで性病検査をしてもらうことができるようになっており、病気の早期発見にもつながっています。しかしなかなか医師にも性病に関する悩みを相談できない、検査をしてもらうのはかなり恥ずかしいと感じている人もいるでしょう。

そんなときは検査キットを利用して調べるという方法もあり、これであれば自宅に居ながらにしていろいろと調べてもらうことができるようになります。ただ自分で検体を採取しなければならないので、そのやり方によっては正しく検体が採取できない可能性もあるので気をつける必要があります。

また検査結果によってはその後医療機関を受診しなければならないという場合も出てくるので、その点もよく理解しておきましょう。できれば病院やクリニックを利用して検査してもらうほうがより詳しく検査してもらえるし、何より自分でいろいろとする必要がないので手軽です。

ただ、病院は全ての性病検査をすることができるようになっていますが、クリニックの場合はできる検査とできない検査がある場合もあるので、その点もよく理解しておきましょう。

 

性病検査は保健所、婦人科、ウィメンズクリニック、皮膚科、泌尿器科、性病科などでおこなっており、自分に便利なところで調べてもらって大丈夫です。

ただ利用する機関によってはおこなっていない検査も存在している場合もあるので、あらかじめどの検査をしてもらえるかを調べておくと良いでしょう。この場合、電話やインターネットを利用すれば簡単にどの内容の検査ができるかを調べることができるようになっています。

また、どうしても受診するのは恥ずかしいというときは、検査キットを利用すれば自宅に居ながらにして検査をすることは可能です。しかし方法を誤ってしまうと正しく検体を採取できなくなってしまうので、しっかりとやり方を見て正しく採取しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧