池袋を中心に評判のいい病院・クリニックを紹介しています。性病(STD)の正しい知識を身に着けて適切な処置を行いましょう

性病(STD)検査を自分ですることはできる?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2020/01/14

性病自体は放置しておくのは決して良いわけではないので、悪化させないためにも、まずは早期発見する必要があります。実際に性病かどうかが気になる場合は、その検査を病院などでしか受けることはできないのでしょうか、それとも自分でも調べることができるのでしょうか。

デリケートな話だから恥ずかしさを感じることも

性器、もしくは性器周辺になんらかの異変がある場合、もしかしたらそれは性病に感染している可能性も否定できません。だから、できるだけ気になる症状がある場合はなるべく早く病院を受診し、しっかりと検査をしてもらって何でこのような状況になっているかを把握することが必要となってきます。

しかしデリケートな問題なので、なかなか恥ずかしいなどの理由からどうしても病院に行けない人もいます。放置しておくとどんどん悪化してしまうので、本来はできるだけ早い段階で治療を開始するほうが良いというのを理解しておきましょう。

ただ、早期発見は必要だと理解していても、医師に対して病気についていろいろ相談したり伝えたりするのは恥ずかしい人は依然としている状態です。その場合でも手軽に性病になっているかどうか検査できるのが、医療機関に行くことなく自宅で性病検査できる検査キットです。

もちろん自宅で全てを検査して確認することができるわけではなく、実際には検体を医療機関に送る必要はあります。しかし、医療機関に直接出向くのではなく、郵送で送ることができるようになっているので、医師などに気になる症状を相談する必要もなくなるので、検査に対するハードルは低くなります。

検査キットを利用するときの注意点

医療機関ではなく自分で性病検査をしたいときにおすすめなのが自宅でできる検査キットですが、利用する場合にいくつかの注意点があります。一つはこの検査キットは性病に感染しているかどうか、その可能性を明らかにする一次検査として利用するものとなっていることです。

つまり、この検査をしたからと言って、どんな病気になっているのか、その病名を診断するものというわけではありません。だから、もし検査結果で何かが陽性として出た場合は、そのまま放置したりせず、医療機関を受診するようにしましょう。

また、実際にキットを利用する場合、取扱説明書を必ず前もって読み、そこに書かれている方法で正しくおこなうようにしましょう。医療機関であればスタッフが検査をしてくれるので、自分は何かをする必要は全くありません。

しかし自分でキットを利用するときは自分で検体を採取しなければならず、その方法を誤ってしまうと正しい検査結果が出てこない可能性もあります。したがって、前もって取扱説明書をよく読み、その方法をしっかりと守って正しく検体を採取するようにしましょう。

また何か疾患がある場合や、生理中、妊娠中の場合はもしかしたら検査することができない、無理におこなうと検査結果に誤りが出やすくなる場合もあります。安全におこなうためにも、このように何か状態がいつもと違っているというときは、自宅で検査をする前に、医療機関に相談して検査をしても良いのかなどを確認しておきましょう。

検査の大まかな流れはどうなっているか

実際に検査キットを利用して性病検査をおこなう場合は、まずはその検査キットを自宅のほうに送ってもらわなければなりません。現在ではインターネットを利用して簡単に注文できるようになっているので、自分の悩みに合わせてキットをまずは選ぶところから始めましょう。

次にその検査キットの注文が完了すると、後日自宅のほうにキットを郵送してもらうことができるので、受け取っておきましょう。郵送にかかる期間は利用している機関によっても変わってきますが、数日のうちに届くケースがほとんどです。キットが届いたら中身を確認し、その後取扱説明書をよく読んで検体を採取します。

検体を採取したら、後は速やかに専用の封筒を利用して検査キットを検査機関のほうに郵送し、後は結果を待つのみという形です。検査結果はキットにIDがついている場合はそれを利用すれば簡単にインターネットで確認することができるようになっています。またインターネットでの確認だけでなく、検査結果自体は郵送してもらうこともできるようになっているので、どちらが良いか決めましょう。

 

デリケートな話なので、なかなか性病の検査ができないという人もいますが、そのまま放置してしまうと悪化するだけでなく感染拡大にもつながります。そのため検査をする必要がありますが、現在では医療機関だけでなく、検査キットを利用すれば自宅でも簡単に調べることが可能です。

この方法なら自宅での検査ができるので医療機関に出向く必要もないので、気になる症状などを医師などに相談する必要もありません。また検査結果はWEB、もしくは郵送でも確認できるキットも存在しているので、それを利用すれば結果を聞くために医療機関に行く必要もなくなります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧